コンピュータ関係から下水処理場の維持管理へ

大学卒業後、地元を離れて大阪に本社がある大手コンピュータ関連会社へ就職し、しばらく独り暮らしの生活をしていました。その勤務先で現在の妻と知り合い結婚し、しばらく共働きの生活をしていましたが、妻が妊娠したことで私の両親が住んでいる実家がある田舎へ帰ろうと考えました。

続きを読む

IT企業からアパレル業へ

私は以前、IT関連企業に5年間勤務していました。まだ設立したばかりの小さな企業で、当初は事務として採用されましたが、営業やパソコン講師など全く違う業務をやる事も当たり前な会社でした。IT企業といえば、私の地元では「印刷会社とIT企業は眠らない企業」と言われており、夜中まで部屋の明かりが点いていて、周りの人から社員はいつ寝てるんだなんてよく言われていました。

続きを読む

商社の事務から新聞社の編集記者へ

幼いころから新聞記者になることが夢でした。それは幼いころに読んだ新聞記事のような人を引き込み考えさせる記事を書きたいと思ったからです。それでもロストジェネレーションと言われる就職氷河期に加え、私の能力のなさから新卒での就職はできませんでした。

続きを読む

コールセンターからアパレル販売に

独身の頃に7年間コールセンターでテレオペの仕事をしていました。発信型のテレオペではなく、お客様から対応する受信型のテレオペなので会話が苦手な私にもできると思い、アルバイトすることにしました。アルバイトといっても1日に7時間、週5日働いていましたし、ほとんど正社員と変わりませんでした。

続きを読む